接客の重要性

大学病院や国立病院など、総合病院の歯医者さんに通っている人も多いと思いますが、個人経営の歯科医院に通っている人の方が多いと思います。

個人の歯科医院に通う時には、飛び込みで行くよりも、最初に電話をかけて問い合わせや予約をすると思いますが、その時の電話の対応が良い歯科医院を選ぶ大きなポイントになります。

<<院長の経営方針がスタッフの対応に反映される>>

歯科医院に関わらず個人病院の場合は、どうしても院長の経営方針がスタッフの対応に反映されることになり、きちんと細かいところまで気がいっているような院長の下で働くスタッフは接客も一流で、電話の受け答えもしっかりしています。

もし電話をかけた時に、声のトーンが暗かったり、明らかに横柄な対応をするような場合は、そのような歯科医院は選ばない方がいいでしょう。

<<スタッフの接客技術を向上させる必要性>>

歯科医院は日本全国に6万件以上もあると言われていて、その数はコンビニエンスストアの数を大きく上回っています。これが意味することは、歯科医院はいくらでもあるということで、わざわざ態度が悪いようなスタッフのいる歯科医院を選び必要はありません。

歯科医院側からすれば、大事な患者さんを集めるためには、全スタッフの接客技術を向上させる必要があり、それができないようでは十分な患者さんを集められないようになってしまうことになります。

良い歯科医院の第一条件には歯科医師の腕の良さが挙げられますが、接客技術を上げることも良い歯科医院と呼ばれるためには非常に重要なことです。