良い歯科医院になるためには

どんなに腕が良くて最新の設備を整えても、患者さんに対して態度が悪いような歯科医師のいる歯科医院には行きたくないというのがほとんどの人の意見だと思います。

良い歯科医院の条件には、患者さんに対しての説明をしっかりと行ってくれるというものがあり、今の時代は歯科医院に関わらず、全ての診療科で丁寧な説明が求められています。

特に歯科医院は全国にたくさんあって、今では毎年新しい歯科医院がどんどん登場しており、歯科医院同士の競争が激化しています。

少子化に逆行しているため、これから歯科医院を開業する場合は、特に集客をするために、自分の腕を磨くだけではなく、接客技術も磨くようにしなければいけません。

キャリアも浅くて技術もなく、態度が悪くて説明もきちんとできていないような歯科医師のところには、誰も治療に訪れないと考えた方がいいでしょう。

<<スタッフ教育のシステム作りが重要>>

良い歯科医院の条件には、腕が良くて接客技術に優れていてきちんと説明してくれる歯科医師がいるだけではなく、そこで働く全スタッフの対応が素晴らしくなければいけないというものもあります。

たった1人のスタッフの態度が悪くても、個人病院の場合はその全てを否定されることにもなりかねないので、スタッフの教育は徹底するようにしなければ、良い歯科医院にはなれません。

そのためには院長自らがスタッフの手本となり、スタッフ教育のシステム作りを行うようにして、院内での信頼関係をしっかりと築くようにしなければいけません。